FC2ブログ

はちどり

業務部 土井
08 /24 2020
先日シアターキノではちどりという
韓国映画の先行上映会に行ってきました。
20200824 (1)
私に致命的なほど語彙力が無いため、どんな映画なのか
説明できませんので、詳しくは公式サイトをご覧ください。

ただ、数十分置きに
『ここの場面の主人公の気持ちを100文字以内で述べよ』
と言われているような気持になる映画なので、
見終わった後は「国語」の期末テストを受けたような気分になり、
真っ先にスマホで映画の解説を書いてくれてるブログを見て
答え合わせをしました笑

上映後はソウルにいるキム・ボラ監督とオンラインでつないで
トークショーがありました。
監督から直接映画のシーンの説明を聞けてとても貴重な時間でした。
20200824 (2)
ただ、そこで最初に監督が言っていたことは
「この映画の解釈に正解は無く、
見てる人それぞれの経験で感じ取って欲しい」
という事でした。(確か・・多分・・きっと)

そっか、、正解は無いのか、、(しみじみ)

と、私の中の軽いモヤモヤが晴れたと同時に
もっと映画を純粋に見れる人になろうと思いました。

なぜなら私は色んな韓国映画・ドラマを見た経験が邪魔をして
「あの人〇〇なんじゃないの」とか「ここで〇〇になるんじゃないの」と
つい疑いの気持ちで見てしまったところがあり、物語の山を越えるたびに
『なん・・だと・・?』と混乱に陥るパターンの連続だったのです。

この映画はそんな映画ではなく、淡々と丁寧に1994年当時の
女子中学生の気持ちを描いた映画だったので、
誰も記憶喪失にならないし
誰も財閥の娘ではありませんでした。
(念のためですが冗談です)

もしこれからこの映画を見ようと思う方は、
1994年当時の韓国の出来事など事前に知ってから見た方が
理解が深まるし、一つ一つのシーンをより楽しめると思いました。

最後に一つネタバレを書くと・・

(いやな人は見ないでください)




病室のおばちゃんが金日成が死んだニュースを見て
『私(金日成は)死なないと思ってた!』
と言ったシーンが面白かったです。。




札幌の短期・長期ステイはマーシャルウィークリーへ♪

コメント

非公開コメント

マーシャルホーム

北海道で「マンション買取再生&販売」と「不動産賃貸管理」を行っているマーシャルホームへようこそ!スタッフみんなが、「日々の業務で感じた事」や「エピソード」、仕事以外でも「趣味の事」「家族の事」「友達の事」「面白い事」「面白く無い事(笑!)」「etc・・・・・!」をたくさんブログで語らせていただきます!!!!!!