FC2ブログ

寄生虫

業務部 土井
01 /20 2020
先日この映画を見てきました!
パラサイト~半地下の家族~
182050_03.jpg
ネタバレ厳禁のため、ストーリーについては触れません!
なんなら予告動画も見ないで行ったほうがより面白いです!
話題性だけで見に行ったので実際私がそうでした‥(笑)
でも、だからこそ最初から「え!?え!?えええ!???」という展開に、
目が離せず一瞬たりとも退屈を感じることなく1時間半(?)が
あっという間でした(^^♪

この若手俳優2人の演技もとても良かったです!!
早速インスタをフォローしちゃいました(^_-)-☆
0118_parasite_main.jpg
ただ、ネタバレではないのですが、
映画に出てくる韓国文化について知っておくと、
より理解が深まって楽しいかもしれません。

その中で、不動産屋としてはやっぱり気になるキーワードは

「半地下」住宅!!

調べてみると・・

『文字通り完全な地下ではなく、半分地下に埋まった部屋であり
窓から眺める目線はまさに路地を歩く猫と同じ高さにある。
地下にあるため水道の水圧が低く、トイレが部屋の一番高いところにあるなど、
衛生面の問題は多い。日当たりが悪くジメジメしているため
必然的に家賃も安くなる。
こうした点から、半地下は貧困層の居住空間になっている。
韓国における半地下部屋は主に都市貧困層の最後の居住空間として、
貧窮を象徴する存在なのだ』そうです。

っていうか、そもそも何でそんなもの作ったの?
という理由なのですが・・

『1950年には朝鮮戦争が勃発し、韓国全土が戦火で荒廃した。
そのため朴正煕大統領は北朝鮮と再び戦争になった時に備えようと、
1970年に建築法を改正、住宅を建設する際には防空壕の役割を果たす
地下施設を設置するよう義務付けた』
(※太字は全てインターネット記事から抜粋しました)

との事。

うわぁ・・なんていうか・・すごい。

私は韓国に行ってもそこそこの観光地、
もしくはそれなりに発展してる街しか行ったことがないので、
半地下の住宅を見たことがありません。(気付いてないだけかも?)

「韓国統計庁の2015年人口住宅総調査によると、
約82万人が半地下で暮らしている」

次行ったときは(行く気満々)ちょっと見てみたいな・・と思います。

その他、映画の中に出てくる韓国文化について
コチラで説明してくれていますので、ご興味のある方はぜひ(^^)/

で、ざっくりとした映画のテーマはお察しの通り
格差社会。貧困。
です。

そういえば去年か一昨年ハワイへ行く飛行機の中で
『万引き家族』という映画を見ました。
題名通り日本の貧困家族についての映画でした。
(ハワイとのギャップよ・・)

格差社会は今世界の問題だそうです。
あ、ここで語りたい場面が。。。でも語れない。。。

とりあえずパラサイトはもう一回見に行こうかな?
と思ってます(^^♪


コメント

非公開コメント

マーシャルホーム

北海道で「マンション買取再生&販売」と「不動産賃貸管理」を行っているマーシャルホームへようこそ!スタッフみんなが、「日々の業務で感じた事」や「エピソード」、仕事以外でも「趣味の事」「家族の事」「友達の事」「面白い事」「面白く無い事(笑!)」「etc・・・・・!」をたくさんブログで語らせていただきます!!!!!!