FC2ブログ

ラグビー面白い!

業務部 土井
09 /21 2019
昨日からラグビーのW杯が始まりましたね!
何を隠そう、私は典型的な五郎丸時代からの
ニワカファンなので(笑)
正直細かいルールはよくわかりません(〃▽〃)

で、ルールといえばなんですけど
野球ほど細かいルールがあるスポーツは無いそうです。

もうある程度理解しちゃうと、特に気にもせずに見ていましたけど
『振り逃げ』ってなんのためにあるの???
などと気になるルールがちらほら。。。

なんか基本野球って、、ネチネチしてますよね(おい)
ということで『振り逃げ』の存在理由、調べてみました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

三振だってアウトの一つだが、アウトの守備記録には2種類ある

刺殺(プットアウト)と補殺(アシスト)だ。

刺殺とは直接アウトにすることで、例えばセンターフライを捕ると

センターに刺殺が付く。

補殺とは間接アウトのことで、例えばショートゴロを捕って

一塁に送球してアウトにするとショートに補殺が、ファーストに刺殺が付く。

ここで気を付けたいのは、“捕”殺と書かれる場合が多いがこれは誤りで、

正しくは“補”殺である。「アウトを補う」という意味だ。

ちなみに、刺殺はどんなアウトにも必ず付くが、

補殺は必ずしもそうではない。

では、三振の場合の守備記録はどうなるか?

結論から言えば、キャッチャーに刺殺が付き、補殺はなしだ。

三振はピッチャーの手柄だからピッチャーに刺殺が付くとか、

あるいはピッチャーが投げてキャッチャーが捕るのだから

ピッチャーに補殺が、キャッチャーに刺殺が付きそうなものだが、

そうはならない。

なぜなら、三振とは投手記録なので、守備記録とは別個に扱う。

例えば三振振り逃げでアウトを取れなくても

投手記録としての三振(奪三振)が付く。

もちろん、アウトではないから誰にも刺殺は付かない。

三振アウトでキャッチャーに刺殺が付くということは、

キャッチャーの守備によりアウトになるわけで、

振り逃げというルールが存在する理由はまさしくここにある。

三振でアウトにするためには、キャッチャーの直接捕球

(ノーバウンドでの捕球)が必要というわけだ。

だからキャッチャーが直接捕球できない場合は即アウトにならず、

打者は一塁へ走ることができる。

ただし、一塁へ達する前に打者にタッグ(タッチのこと。このケース

で「タッチ」と呼ぶのは和製英語で、ルール用語では「タッグ」という)

するか、一塁へ送球すればアウトになる。

キャッチャーが一塁へ送球してアウトにした場合は

キャッチャーに補殺が、ファーストに刺殺が付く。

ところで「振り逃げ」と呼ばれているが、空振り三振だけでなく

見送り三振の場合でも振り逃げは発生する。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おわかりいただけただろうか

で、でもさ、、、ワンバウンドの投球でも
キャッチャーが逸らしたりこぼしたりしなければ
いいんじゃないの???って思いません??

1塁手だってワンバウンドで送球受けることあるけど
アウトじゃん???

めんどくさい(笑)

なんか・・めんどくさい人みたいじゃないですか??(笑)

ということで1つ学びました(^_-)-☆

とりあえず野球はもう終戦のようなものなので・・
ラグビー桜JAPAN応援します!!!!





コメント

非公開コメント

マーシャルホーム

北海道で「マンション買取再生&販売」と「不動産賃貸管理」を行っているマーシャルホームへようこそ!スタッフみんなが、「日々の業務で感じた事」や「エピソード」、仕事以外でも「趣味の事」「家族の事」「友達の事」「面白い事」「面白く無い事(笑!)」「etc・・・・・!」をたくさんブログで語らせていただきます!!!!!!