FC2ブログ

手の掛かる事

管理部 木下
03 /16 2016
我社のマスコットカーの左のヘッドライトの球切れです。
1号車の時(3年以上前)は、狭い所から腕を突っ込んで何とか傷だらけになりながら、左右交換していました。
今回も、安易に考えそのパターンで行こうと、挑戦。

これが、大変!
もちろん左右を変えます。
肘関節でつかえるので、現物に触っても指先にあまり力が入らずコネクターが外れない、
何とかはずして、交換しようと思ったらストッパーの金具もはずれ・・・
ショック!
左の片方は何とかできたのに!右が・・・!
子供の様な華奢な腕なら何もかも、うまくいったのに。
やっと届くところでそんな細かいことなんて、指に目が付いていない限り無理と判断。
ここは、潔く交換中止!
やっぱり正規?の方法で、横着せずにやりましょう!!!
車庫の中では、ドアがフルオープンにならないので、明るい時に。


で、後日
ミッション開始、フロントカバーを外しましょう!
もちろん、ボディの擦れるであろう場所には、養生テープを貼る。

縮スマート ライト (2)

そして、ヘッドライトを外し、バルブ装着!
外れたストッパー金具も装着、
やっぱり青白い色を放つバルブに交換、明るく!

縮スマート ライト (4)

鉄則、取り付けの前に点灯確認。

縮スマート ライト (6)

ヘッドライト、取り付け完了。
正常。OK!
後は、フロントカバーを取り付けるだけ。

縮スマート ライト (11)

そして交換完了!

あのオレンジっぽい光ではなく、青白い光、いいね!
ミッションコンプリートに浸っております。

初めっからこうすれば、手、腕が痛くならずに済んだのに・・・?!

ちなみにネジは、プラスマイナスではありません!
この作業には、トルクスドライバー(T-25とか)が、必要です。
(私はトルクスと言ってますが、これは登録商標なので別の規格の言い方があります)

スマート、外国産車ネジまで面倒です。
消耗品は、簡単に交換できるように作ってほしい。
(でも、何か楽しい!!)


当社のCMのオープニングを飾るスマートは変わりませんが、
新バージョンの内容のCMも出来上がっております。

「皆様にお逢いしております!」、お見逃しなく?


札幌市の中古マンション売買はマーシャルホームにお任せ下さい♪

コメント

非公開コメント

マーシャルホーム

北海道で「マンション買取再生&販売」と「不動産賃貸管理」を行っているマーシャルホームへようこそ!スタッフみんなが、「日々の業務で感じた事」や「エピソード」、仕事以外でも「趣味の事」「家族の事」「友達の事」「面白い事」「面白く無い事(笑!)」「etc・・・・・!」をたくさんブログで語らせていただきます!!!!!!